愛媛大学フリークライミング部

◎  7月1日(日) 初めての外岩 in 西之川、加茂川 

こんにちは!笑顔と元気で愛壁を盛り上げる1回生の中根快です!

私にとって、今回が初めての外岩となりました。前日まで雨が降っていて、外岩に行くことができるか心配でしたが、前日とは一変!当日は、素晴らしい天気に恵まれました!

7月1日(日)朝6時、メンバー全員が時間通りに来来亭に集合!
田窪さん、貴文さん、清田さん、ばしこ、早希ちゃん、そして私を含めた6人で外岩に向かいます。
1回生は全員、初めての外岩でした!

出発して間も無くすると、フロントガラスにポツリポツリ......。雨が降ってきました。

前日まで、「自分は晴れ男なので、雨は降りません!」と張り切って言っていたことを後悔...。みんなが楽しく盛り上がっている中で、私は1人、「頼むから止んでくれ!!」と願っていました。

その願いが届いたのか、西之川に到着した頃には雨は止み、先程までの雨は嘘のようでした。天気は良好!絶好の岩日和です!
しかし、ここからが大変。岩までのアプローチは、前日まで雨が降っていたこともあり、思っていた以上に過酷でした。

岩に着けば、この貴文さんの笑顔!


早速、岩の状態とルート確認!
雨の影響で岩が湿っていて、スノーアタックと、タワーオブテラー?は断念しました。
スノーアタックを落としてやる!と張り切っていた清田さん、すごく悔しそうでした。
次回の宿題になりました!

さあ、クライミングシューズに履き替えて、登ります!まずは、6級のこの岩から!

下の写真はばしこ!
右手のカチがしっかりときいています!


下の写真は早希ちゃん!
左手を目一杯伸ばして取りに行きます!


1回生も全員、完登することができました!
頂上で決めポーズ!


清田さんは同じ岩でも、別の課題を登ります!

先輩方がスムーズに登られているのを見て、私もチャレンジしましたが、完登とはなりませんでした。

ここで少し川遊び。
貴文さんは川へダイブ!!
田窪さんは水切りをしています!
この水しぶきから分かる通り、投げた石があまりにもでかい!!

水しぶきもそうですが、何よりも田窪さんの顔は、ものすごい迫力です(笑)


さて、場所を加茂川に移して登ります!
まずはみんなで同じ課題に挑みます!
これは5級の課題です。
まずは田窪さんが登ります。清田さんのスポットは安心感が違いますね〜(笑)

続いて1回生!田窪さんの登りを参考にして、これまた全員が完登することができました!




次に、清田さんはダイブという1級の課題に挑みました。
外岩で、ランジの課題...しかも高い...
それを躊躇なく飛びついてとめる清田さん!
清田さんはこの課題を約10トライで落としたと言います。
本当にすごい...😳


私はその頃、名もなき4級の課題に挑んでいました。この課題を落とすところをビデオにおさめようと、貴文さんとばしこがカメラを構えます。


みんなの応援に後押しされて、何度もトライした末、落とすことができました!


しばし田窪さんと清田さんを待っている間、水切りの特訓です。

ここで頭角を現したのが貴文さんでした。来た時よりも格段に上達している!貴文さんは岩登りだけでなく、水切りでも成果を上げました!

全員そろったところで、本日最後の課題に向かいました。1登目、力強く登って行きます!しかし、あと一歩のところでオンサイトはならず...。
今日一日ずっと登って来たので腕はパンパンでしたが、最後まで諦めずチャレンジし続け、最後には4級の課題を落とすことができました!
スポンサーサイト

◎  愛媛国体リハーサル大会 

初めまして愛壁のおっちゃんこと1回生の井藤です。

6月10日に西条クライミングパークで国体リハーサルを兼ねた石鎚山ボルダリング大会が開催され、参加してきました。
はじめて数ヶ月しかやってないのに何出てんだって話ですね...。

今回参加したのは、
3回生  男子   田窪さん、梶谷さん、林さん、宮地さん、いっけーさん、小池さん
      女子   みっきーさん、みずきさん
1回生  男子   いつき、増田、井藤、快
                                                      でした。




では、予選...の前に、事件は起こった...。
集合場所にいっけーさんの姿がない...どうやら寝坊してしまったようです。みんなで行く日に寝坊はつらいですね。皆さんも気を付けましょう。




改めて女子予選
みっきーさん、みずきさんのmizukiリターンズは4位で決勝進出

男子予選は

宮地さん、林さんのシン・ポコプン丸改が5位、田窪さん、梶谷さんの俺たち虎の子が6位で決勝進出でした。

石鎚山カップボルダリング大会_180


予選一年生組はいつきがボーナス石を取った以外はテイクオフすらできずタイムアップ簡単な課題でも二級だったらしいので僕たちには荷が重かったですね。(;д;)


石鎚山カップボルダリング大会_157

そんな悪戦苦闘している中マット横に田辺さんが!!Σ(゚□゚(゚□゚*)
大会役員としてお仕事中だそうで、国体の仕事なんてかっこいいですね。




そして昼食タイム


僕は聞いてしまった...アイスクリームを売っていることを...

即購入決定ですよね。はい。o(^▽^)o


IMG_20170610_134454 (2)


おいしくいただきました。




午後からは決勝



まず女子決勝

みっきーさんボーナス3つ
みずきさんボーナス3つでチームとしては5位という結果に...

石鎚山カップボルダリング大会_50
石鎚山カップボルダリング大会_56
 



続いて男子決勝


誰もボーナス石まで届きませんでした。それだけ難しい課題だったということですね。
それを登っていく人はなんておつおいのか...
クライミング歴10年越えはもう次元が違いますね(´д⊂)


石鎚山カップボルダリング大会_8
石鎚山カップボルダリング大会_7



そんなこんなで「がんばー」を言い続け、大会は終了。




表彰式の準備をしているとみきゃんが決勝課題を登りに登場!!

石鎚山カップボルダリング大会_35


そんな短い手足で登れるのでしょうか(-∀-)





そんな上の世界を教えてもらったような大会でした。
僕らはまだ1回生なのでバシバシ登って強くなりたいと思いました。

◎  1回生コンペ&新歓 

 どうも!壁にあまり行けてなくてレアキャラ扱いがどんどん加速していっている2回生の笠原です。バイトを始めるときはよく調べないと5連勤6連勤させられたり、連続休暇の最長記録が4日(しかも1回だけ)になったり、シフトの要望をガン無視されたりするのでまだバイトをやっていない1回生は注意するように!

さて、1回生に社会の恐ろしさを教えたところで、1回生コンペと新歓の内容に入っていきたいと思います。

まずは1回生コンペから書いていきたいと思います。
今回のコンペはいっけーさんが提案してくれました。いっけーさんありがとうございます(*・`ω´・)ゞ
自分も写真を撮るために13時過ぎに壁へ。すでに1回生たちが集まっていました。やる気満々だね1回生!o(^▽^)o
上回生を探してみると、田窪さん、わかじーさん、ゴリ・・・清田を発見。しかし主催者のいっけーさんの姿が見当たらない!どうやら風邪をひいてしまったらしいです。いっけーさん(T_T)

気を取り直してコンペの方へ。まずは田窪さんからルール説明です。
Image_b51b04e_convert_20170523004517.jpg
みんな一生懸命聞いていますね。

ルール説明も終わったところで第一ラウンドスタート!ちなみに今回は途中休憩を挟んで第二ラウンドもあります。
スタートと同時に登りだす1回生!やる気に満ち溢れています!
1蝗樒函繧ウ繝ウ繝喟372_convert_20170526192108

女子の方も男子に負けじと頑張っていました!
Image_7833b74_convert_20170526192930.jpg

皆が頑張っている中、左壁に1回生を苦しめる課題がありました。壁タッチがゴールの「B」の課題なのですが、うまくバランスを取りながらタッチするのが難しいらしい。
             Image_7e1cf02_convert_20170526193725.jpg
ちなみにこちらがB課題のゴールです。梅宮ェ…
それでもあきらめずにチャレンジしてみんな落とせていたように見えました。今年の1回生は強いですね!

そんなこんなで第一ラウンドが終了してみんな一休み。…していたらなんばくん登場!一気に壁がにぎやかになった気がします。
Image_02a482c_(2)_convert_20170526195537.jpg
なぜかピチピチのシャツを着ています。「課題全部落としたるわ!」と息巻いていました。

そしてなんばも参加しての第二ラウンドスタート!ピチピチの1回生に混じってピチピチシャツのなんばが登る!なんば、お前は一人だけピチピチの意味を間違えているぞ。

第一ラウンドでみんな疲れたようで第二ラウンドは少し静かな感じがしました。それでもみんなちょこちょこ登って課題を落としていました。なんばは一人怒涛の勢いで登っていましたね。正直その元気を皆に分けてくれと思いました。

そんな感じで第二ラウンドも終わっていよいよ決勝です。
決勝進出したのは男子がイツキ君、高市君、そしていなせ君で、女子が石橋さんと吹越さんでした。

男子はまずいなせ君からスタート!
Image_e27c469_convert_20170526201719.jpg
ボーナスのホールドがあと一つのところで取れずタイムアップになってしまいました。それでも最後まであきらめず奮闘していた姿勢は見習いたいと思いました。

続いては高市君。
Image_bf4b34d_convert_20170526202123.jpg
なんと一撃で落としてしまいました!めちゃくちゃ強いですね彼は!

さぁ、男子最後はイツキ君。
Image_d7dc8c8_convert_20170526202536.jpg
惜しいところまではいったんですが落とすことはできませんでした。けれど見ていた限り彼も相当強いという印象を受けました!自分も頑張らなければいけないと思いましたね。

続いて女子の決勝!
まずは石橋さんからスタートです!しかし一手目がどうしても取れない!続いての吹越さんも取れずタイムアップしてしまいました。どうやらセッターの田窪さんが調整をミスったみたいですね。なまじ実力があるとこういうミスもしてしまうんでしょうか。

このままでは決着がつかないので左壁で再度決勝です。
Image_c1843cd_convert_20170526204746.jpg
Image_a02efc9_convert_20170526204138.jpg
二人とも落とせこそしなかったものの非常に健闘していました。

それでは結果発表です!
男子1位 高市君
   2位 イツキ君
   3位 いなせ君

女子1位 石橋さん
   2位 吹越さん

結果は以上のようになりました。
表彰では景品が配られ、入賞できた1回生はとてもうれしそうでした!
DSC_0141_convert_20170526211507.jpg

景品が1個余ってしまい突如じゃんけん大会が発生しました(笑)
じゃんけん大会自体はそこまで変わったことはなかったのですが、個人的に負けてしまったこの子が印象的でしたね。
DSC_0146_convert_20170526211608.jpg
da00d50ee621127e03d5fa9b53e5680c_convert_20170526212416.jpg
(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? ここまで完全に一致するのかとびっくりしましたね。本物のヤムチャと見間違える完成度です。
…失礼しましたm(__)m
まあ最後少しふざけてしまいましたがコンペは以上のような感じでした。コンペはこれからもあるので今回上位に入れなかった人や参加できなかった人もどんどん参加してほしいですね!


続いて新歓に行きましょう!
今回の幹事は林さんがやってくださいました。本当にありがとうございます(*・`ω´・)ゞ

新歓に行く人は壁に集合し予定通り6時半に出発。おしゃべりをしながら大街道のお店に行きました。
現地集合の人たちも無事に集まり7時ごろから新歓スタート!

自分の近くに座っていた1回生たちはすでにコミュニティができていたので、自分は近くに座っていたあいちゃんさんたちと話していました。あいちゃんさんの穏やかな雰囲気はやっぱりいいですね(* ´ ▽ ` *)
ちなみにこちらが新歓中の様子です。皆さん楽しそうで何よりですねヽ(´∀`)ノ
Image_1f12d36_convert_20170528210232.jpg


新歓が始まって1時間ほどたったころ、自己紹介タイムが始まりました。
まずはなんばの自己紹介からスタートしました。なぜかブーイングを食らうなんば(笑)
続いて1回生の番です。端の席の方から順番に自己紹介していきました。一番印象に残っていたのは彼ですね。
Image_7940bdd_convert_20170528211533.jpg
彼はクウォーターでミドルネームがあるらしく、「アルフォンヌ」というらしいです。モンキー・D・ルフィみたいな感じなんでしょうか?何はともあれすごいですね!

1回生の番が終わった後はもちろん上回生の番です。
一番衝撃的だったのは我らが部長の田窪さんの自己紹介でしたね。なんと田窪さんにも「アルフォンヌ」というミドルネームがあることが発覚!1年間所属してたのに知らなんだ…。皆さん今度から部長のことは「アルさん」と呼ぶようにしましょうo(^▽^)o

そんなこんなで自己紹介が終わった後は皆さん再び楽しそうに食べたり飲んだりしていました。
9時半ごろに終了しみんなで記念撮影しました。
Image_e98b5cd_convert_20170528213408.jpg
1回生も上回生も全員楽しめていたようで何よりです(*^_^*)
この後2次会に行った人たちもいるみたいですが記事はここまでにしたいと思います。

今回の記事はネタをぶち込みまくってしまったので、後で部長のアルさんやいじった人たちにこっぴどく叱られるのではないかと内心ヒヤヒヤしていますが、皆さん心が広いのでたぶん許してもらえると信じています。次回からはネタを一切入れない至極まじめな記事を書いていこうと思います(大嘘)。
何はともあれ今回のコンペと新歓みんな仲良くなれたと思うので、1回生はでぜひどんどん登って強くなってくださいね!これからもコンペや飲み会はあるのでお楽しみに!

以上コンペと新歓についてでした。


◎  EUFC部員紹介!!! 

こんにちは!左下奥の親知らずが順調に正常な方向へ成長している2回生のなっくんです。 
親知らずは虫歯になりやすいそうなので毎日念入りに左下の歯はゴシゴシしている次第であります!

さてさて、僕の親知らずの話は置いとくとして、今年度、EUFCライングループ数が104名!!
3月には50弱だった気がするので、新入部員はざっと50人はいるんじゃないでしょうか!?
これも2020年の東京オリンピックにクライミングが正式種目として加わった効果があるのかもしれませんね(^.^)


というわけで、今回は3回生のみっきーさんと僕の副部長ダブルパンチで2回生~M2回生までの部員の紹介をしたいと思います!
【2回生】
清田…ゴリラ。とりあえずこの一言につきる生物。某動物園からの脱走を疑われたことも。ランジ課題がしたい方は彼に魔剤の一本     でも差し入れればイカれたものを作ってくれるかもしれない。

ジョー…たまに課題を作ると良作を連発する隠れ愛壁セッター。最近タブレットを購入するも電卓がついていないことに激おこ。

なんばしんや…料理と歌が上手な壁のムードメーカ。最近1Qクライマーに転生した。急に大声で歌いだすことがあり心臓に悪い。

村上…個人の難易度に合わせた良課題を作ってくれる。尻と笑顔にかける思いは誰よりも熱い。

はるみん…バイトが忙しく頻繁に壁には来れないものの、登れるときは誰よりも真剣に課題に向き合う。彼のTwitterの投稿がかな
        りおもしろく、それが買われたこともあり広報担当をしている。

おかのくん…松山市内を歩いていると思いがけない角から自転車で現れることが多い。上達が早く、一時期少し登っただけで4級
         を落としかけた。できたらたくさん登って2回生セッションがしたい!

じゅんのう…昨年の暮れ近くに入部した教育学部のお肉屋さん。最近目に見えて強くなっていっているのが分かる。彼とのトークは        個人的におもしろくて好きである。

縄田…2回生女子で唯一頻繁に登りに来る。年が明けたくらいからふと登りを見ると急に強くなっていて驚いた記憶がある。
     炊飯ジャーを枕元において目覚まし代わりにしてそうなくらいの不思議ちゃんである。

ひらみゆ…先日の部会で久々に会った数少ない2回生クライミング女子。元気そうで皆一安心であった。

なっくん…清廉潔白なクライミング部の副部長(大嘘)

【3回生】
みっきーさん…同じ副部長なのにたくさん仕事をしてもらって申し訳ない限りですm(__)m 柔軟性と軽いフットワークでどんな課題で          もサックサク落としていく。

TKBさん…愛媛大学フリークライミング部の部長。部長の作る課題はムーブが非常に練られていることが多く楽しい!
       名前のローマ字略(TKB)は語弊を招きそうだが田窪さんの略であり決してアレではないので間違えないこと。

林さん…料理の得意な母親と日曜大工をしてそうな父親を融合させたようなとにかく多才な3回生。ランジ系の課題は殆どサク撃!      タンクトップの時に露わになるゴッツイ二の腕がまぶしい。

宮地さん(ユウ君)…「膝は消耗品」 そう、膝は消耗品なのである。鬼メンタルで恐怖核心の課題も難なくこなしていく。 九州の比叡             で調達してきた枝で作られたブラシに何やらいろいろ書いていた。

げんやさん…掃除の呼びかけを忘れずしてくれるので壁がある程度の綺麗さを保てているのはげんやさんのおかげでもある。
         右手の異常な保持力でそろそろホールドを何かしら破壊するのでは…。

なべさん…高校からの経験者で持久力がありリードが強く、ボルダ―もずば抜けて強い。
       とりあえず清田の「こんちわぁ~」の真似をしている。

たかふみさん…アクアカフェのパンをよく食べている。登りが軽く、シビアな足置きもたかふみさんにかかればチョロそうである。
          最近履き始めたスポルティバのカタキの色合いがとてもかっこよくて羨ましい!

梶谷さん…愛壁長身クライマーの一人。登る後姿はとても逞しく、一手一手の一伸びが大きく羨ましい! 車の運転が上手で、目的       地まで驚異の早さで着くためその運転テクは「梶谷ブースト」とまで言われるほどである。

わっくんさん…とりあえず恐ろしく強い。登る頻度に比例しない登りの強さを見せ皆を魅了する。「わっくん」と呼ぶと高確率で「なっく          ん」も反応するので気を付けること。

いっけーさん…日々の努力で日に日に強くなっていく努力家クライマー。わっくんさんと組み「小池田」と称してコンペに出ることも
          多々! フィギア4の前身とも言えるフィギア1を開発し、愛壁に革命を起こしかけた。

高杉さん…スポルティバのgeniusというカラフルなシューズを履いている(昨年)愛壁のお楽しみ係! 類まれなるコミュニュケーショ       ン能力で誰とでも打ち解ける。

あいちゃん(あいさん)…あいさんが壁に来ると静かな壁も一瞬で賑やかになるほど明るい性格のお日様的存在。
                大学内ですれ違うと会釈の嵐となる。

わかじーさん…会話をする時はいつも笑顔で話してくれるので、気分が落ち込んでいるときなどはわかじーさんにアポを取ってお話
          をすると元気がもらえるかもしれない!

みづきさん…カチ持ちが恐ろしいほど強い愛壁強強女クライマーの一人!いつも笑顔で元気そうなので、見ているとこっちも元気に
         なる。体の半分以上はアイスでできているのでこれからの季節は溶けないか心配である。

みなこさん…壁に現れると一気に壁の雰囲気が和むほどのオーラを持つ法文の女神。 とりあえず「癒し」の一言に尽きる!

みのりさん…みのりさんも壁の雰囲気を和ませるオーラを持つ女クライマーの一人。女の子は髪の結い方についてもしかしたらい          ろいろ教えてくれるかも?しれない。

ゆいまーるさん…壁にも課題にも真っ直ぐに向き合い誠実な登りを魅せてくれる! 個人的にゆいまーるさんの乗ってる原付が
           おしゃれでかっこよかった記憶がある。

キムタクさん…応化のイケメン!登り方が美しく本当にキムタクに似ている!!

デニーロさん…長身クライマー。筋肉!パワフル!長距離ランジ!

でほさん…歌のお兄さん!会えるとその日は幸せが訪れるそうです…!

田中さん…作家さん。かっこいい土佐の女!

やまぴーさん…笑顔とファッションがいつも素敵!

ようこさん…センスの塊。ワンゲルと兼部中! 山に連れて行ってください!

らいむさん…三回生女子のお姉ちゃん担当!天文学研究会と兼部中!



【4回生】
Kさん…元部長。ミステリアス&キュートなフィジカルバッキバキ系クライマー。飲み会のKさんはとても楽しい!!

じゅんやさん…みんな仲良しじょんやさん! クライミングシューズを扇風機の風下に置きシューズのにおいをまき散らすのに
          快感を覚えている。

角保さん…ボテ職人!愛壁のシンボルともなっている中壁のカラフルボテは角保さんお手製!CHUMS大好きほほえみクライ          マー!

たでぃさん…隠れコメディアン。話がおもしろく聞き入ってしまう。

いまむーさん…僕の出身県のお隣出身で勝手に親近感が湧いていました。会うたびに背が高くなられています!

れいさん…かつて部内1のアルバイターだったという噂…。

じょにーさん…イケメン。この一言に尽きるお方。たぶんどこかの王子様ではないかと…。

かんけんさん…一足だけ持っている靴下が乾くと、それを履いて登りに来るらしい。雨が降ったら悲しいですね…。

そうさん…お強い大人のお兄さん!

かなさん…カチ持ち最強説!細くて強い! 昨年鯛めしと鶏飯の大量配布をしてくれた神様…。

さつきさん…クイーンオブ癒し系!

はるかさん…しっかりもののお姉さん!

【院1回生】
シノさん…みんなのお兄さん。着実&パワフルな登りで課題をガンガン落としていく。クライミングにかける思いは誰よりも熱く、それ       はアメリカに遠征に行くほどである!

マサさん…激アツクライマー!マサさんが壁に現れると愛壁は一瞬にしてジムのようになる!音で止めるをモットーに、
       今日も愛壁からは過激な音がバッシンバッシン!!

【院2回生】
まいかさん…アイスが好きなストイッククライマー! アイスへの思いは実はみづきさん以上だった。 ガチお強いです!


長くなり申し訳ないです!  

簡単に部員の紹介をさせてもらいました!



1回生が少しでも部員を覚えるきっかけになればいいと思います

◎  アメリカ ビショップ ボルダリング遠征 


こんにちは、大学院生になったシノです。



20170314_170403_0073.jpg





大学院入学直前の3月、春休みを利用して11日間の海外ボルダー遠征へ行ってきました。1枚目の写真がそのツアーでの記念すべき1課題目、「Buttermilk Stem Sit v4」。ツアーの期間が長かったので、今回のブログはそのときの様子をざっと記録したいと思います。

と、その前に...

ビショップでは日本の段級グレードシステムではなく、「vグレード」で難易度を示します。課題の後についてる「v○○」ってのがそうですね。さっきの「Buttermilk Stem Sit」はv4ですので、段級システムでいうと2~3級ということになります。 分からなかった部員の皆さんは換算表があるので、気になったらこちら→ グレード比較表 を見てみてください。


以下の写真はだいたい時系列になっています。


20170314_170403_0128 - コピー

移動中、松山から成田に向かう飛行機にて。格安航空を利用しました。




20170314_170403_0116 - コピー

そして国際線に搭乗。座席のモニターに映る飛行機のサイズが地図に対してでかすぎやしないかい。




20170314_170403_0034.jpg

日本を夕方6時ごろに出発したので、飛行の中盤で夜が明けました。




20170314_170403_0113 - コピー

そしてロサンゼルス。低い山にある白いのは、ハリウッドにある「HOLLYWOOD」の看板です。テレビでよく見るやつですね。

この後、不愛想な入国審査官にビビりつつも無事入国しました。USA!




20170314_170403_0089.jpg

空港近くのレンタカー屋さんで借りたでかい車。エンジンがでかくてとても速いです。





20170314_170403_0110 - コピー

ロサンゼルスのフリーウェイ。「フリー」なんで、日本の高速道路とは違いどこまでも無料です。




20170314_170403_0098 - コピー

ビショップ手前、フリーウェイから脇道に入って記念撮影。奥に私、手前に写っているのは今回のツアーのメンバーの1人です。みんな合わせて3人、EUFCからは私1名。ロス内は混んでましたが、街中を抜けてしまえばビショップの街まであっという間でした。




20170314_170403_0084.jpg

初日は宿に着いたら日暮れ時、1泊して翌日向かったのはButtermilkというエリアでした。この看板が有名ですね。

今ツアーでは、ビショップ近郊の3つのエリアを巡りました。基本的にこのButtermilkで登り、その他、Sad BouldersとHappy Bouldersというエリアでそれぞれ1日ずつ登りました。




20170314_170403_0082.jpg

エリアに到着して景色を撮影。スケール感が分かりにくいですが、写真の右から二つ目にあるグランパと呼ばれるボルダーに近づくと...↓




20170314_170403_0079.jpg

こんな感じ。このラインはアンブロシアというv11です。これをボルダースタイルで登るとは、考えただけでも恐ろしいですね。




20170314_170403_0077.jpg

ザ・マンダラ。ボルダラーなら見たことがある人も多いでしょう。スタンドスタートでv12か13、シットでv13か14らしいです。核心のカチがたまに欠けて、グレードが変化し続けている課題でもあります。今はスタンドがv12で落ち着いているのでしょうか。



20170314_170403_0064.jpg

クライミング初日は、冒頭に出したButtemilk Stem Sit v4をしょっぱなにトライしました。しかし、日射が強く暑すぎてみんな敗退。。。 後日、コンディションの良い日に登れましたが、太陽光線が当たって岩が熱いととても苦労しました。
ステムに敗退した後は、すぐ近くのBowling Pin Sit v6に転戦。上の写真がその時撮影したものです。角度が悪くて分かりにくいですが、岩の形はまさにボーリングのピン。影になっていて涼しいので、先ほどよりもグレードは高いもののすぐに登れました。




20170315_170403_0058.jpg

こちらは、buttermilkのメインエリアから少し離れた場所にあるSwarm v13/14。マットを持って行かずに偵察だけで終わりましたが、猛烈に悪そうなカチがリップまで続いていました。





20170315_170403_0037.jpg

こちらはLuminanve v9。上部で落ちたら人生終了ですね。




20170315_170403_0033.jpg

これはLuminanceのあるボルダーの別の面にあるライン(too big to flail)。私が立っている付近からスタートして、この広大なフェイスを上がっていきます。こちらも高さがヤバい。





20170315_170403_0005.jpg

Iron man traverse v4。出来すぎな棚をトラバースする名作。棚の中間部からリップへ飛ぶ「Iron Fly v9」なるラインもあります。私の密かな目標だったのですが今回はトライする時間が無かったのでまたの機会に。




20170315_170403_0049.jpg

Flyboy Sit v8。トポには危険度を示すハートマークが1つ付いているだけあって、最後の1ムーブが度胸を試される感じ。慎重にトライを重ねて、登り切ることができました。




20170316_170403_0018.jpg

場所が変わってSad BouldersのRio's Crack v6+。この写真では分かりづらいけれど、綺麗なクラックがリップまで斜めに続いています。ハマったけれど頑張って完登できました。サッドやハッピーは岩質的にはバターミルクよりも指に優しいけれど、ホールドのエッジはナイフのように鋭く尖っていました。




20170316_170403_0013.jpg

これもサッドのPow Pow v8。写真に写っている、今ツアーのメンバーの1人が、このPow Powと近くのv8を立て続けにフラッシュして格の違いを見せつけられました。




20170317_170403_0109.jpg

The Mandala v12。私も記念受験しました。ツアー中にこの課題をトライしている人がほとんどおらず、マットの枚数も不十分な中まともにトライできなかったのですが(初登時もスタートを切る際にマットを積み上げていたそうです)、いつかまたトライしたいです。




20170317_170403_0046.jpg

場所が変わって、ビショップの街から車で20分ほどの道路沿いでの写真。今季は雪がたくさん降ったそうで、少し車を走らせるとこんな感じでした。




20170317_170403_0017.jpg

雪の積もった未舗装路をしばらく歩くと、、、





20170317_170403_0014.jpg

突然露天風呂が現れます。ここはアメリカ、入浴の際は水着をお忘れなく。




20170317_170403_0032.jpg

この巨大なボルダーは、手前がGrandma Peabody。奥はGrandpa Peabodyです。手前で人が登っているラインはGo Granny Go v5。この課題は途中のガバで終了しますが、もちろんトップアウトする課題もたくさんあります。





20170317_170403_0039.jpg

黄昏る人。愛媛に来た際は、ボルダリングジム ランピッドを是非ご利用ください!(笑)





20170317_170403_0078.jpg

パノラマ写真。いかに広大な景色であるか、多少なりとも伝われば幸いです。





20170317_170403_0108.jpg

これは有名なバーガー屋さんのお任せバーガー。こんがり焼かれたバンズ、しゃきしゃきの野菜にジューシーなお肉。ソースもめちゃめちゃ美味しいです。
こちらで食べたサンドイッチやバーガーは、どれもたっぷり野菜が入っていて意外とバランスよく栄養を取ることができました。日本食が恋しくなるかと思いましたが、美味しい店がたくさんあって食事には不自由しませんでした。





20170318_170403_0043.jpg

High Plains Drifter v7。逆光で見えにくいですが、中間部に私、上で不思議なポーズをしているのは偶然出会った日本の方。辺境な土地ですが、ツアー中に多くの日本人と出会いました。





20170318_170403_0038.jpg

Lidija's Mouth v3。名前の通り岩が口を大きく開けています。こんな見た目に反して課題の内容は繊細です。





20170318_170403_0025.jpg

完登後に岩の上まで登って記念撮影。





20170318_170403_0021.jpg

Seven Spanish Engels v6。恐い落ち方をして心が折れ、惜しくも宿題になってしまいました。





20170318_170403_0004.jpg

Soul Slinger v9。先述した通り、課題の難易度はコンディションに大きく左右されたので、早起きして早朝にトライしました(続く)。





20170321 #1_170403_0015

この早起きした日、夜が明けたころに Soul Slinger を登ることができました。嬉しかったなぁ。





20170319_170403_0012 - コピー

ハッピーエリアのThe Hulk v6。課題のタイプが自分にはまって1撃できました。下地がフラットで最高。





20170319_170403_0014.jpg

これもハッピーエリアのEvery Color You Are v6。課題の内容もさることながら、ネーミングセンスが良すぎます。きれいな写真は撮れたけれど、これは宿題に。




20170319_170403_0022.jpg

ハッピーのAcid Wash v10。同行者がさっくり落としていった後、途中からスタートして右に抜けるという中途半端なv7を登りました。




20170320_170403_0017.jpg

The Hunk v21。このカッコよさでv2です。高さにビビりつつ登りました。




20170320_170403_0003.jpg

長くなりましたが、これにてビショップブログ完結です。同行してくださった2人には感謝しかありません。また行きたい!

帰国した後、私と同じタイミングでフランスのフォンテーヌブローへボルダーツアーへ行っていた後輩の成果を聞き、強すぎて引いたのはまた別の話...