愛媛大学フリークライミング部

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  増水した川のほとりで~高知ツアー1日目~ 

台風に院試とフラストレーションが限界に達しつつある夏休み最後の週末、スプリン親子に1泊2日で高知へ連れていっていただきました。部からは武蔵、ねぼすけ、こ~じゅの3人が参加しました。

高知ツアー一日目は日御子、まずはねぼすけの獲物いざなぎ初段を落とすべく石舞台へ。



しかし、先週の台風による増水で下地はごらんのあり様、舞、卑弥呼はスタートにすらたどり着けず。幸い岩の右側は地面が高く水没を免れたようで、ねぼすけとこ~じゅは狂言3Qでアップした後、いざなぎにトライ。武蔵、スプリンさんのアドバイスのもと試行錯誤を繰り返すものの苦戦する2人。

こ~じゅは途中でいざなぎをあきらめ着水覚悟で神楽初段を完登。

ねぼすけはさいごまで粘りのクライミングでいざなぎ初段を完登。


昼からはエリアを変え、武蔵の獲物を攻めるべく雫岩へ、雲初段+、福の神初段をさわりました。スプリン、ねぼすけ、こ~じゅはおもに福の神を攻めるが完登ならず・・・その間も地道にムーブを探った武蔵がみごとつなげて雲を完登しました。

火消し岩などを確認してると、すっかり日も暮れ1日目は終了となりました。



晩御飯に食べたカツオのたたきパフェ。我らが松山が誇るとんかつパフェにも負けるとも劣らない「何故一緒にした?」感があふれる一品でした。クリームとにんにくの組み合わせは絶妙過ぎて言葉にならぬほど・・・


三者三様に段課題を落とした1日目、それぞれの課題をどうぞ




「神楽」初段:こ~じゅ

―背水の陣―
石舞台前は先週の台風で完全水没。
なんとかとりつきまでいけた神楽にチャレンジ。

泳げない私、決して前回のWaterShowでDWSにはまったわけではないのだが、上部で落下するとずぶぬれは免れない。海パンもないし、ズボンを脱いでトランクスで登ろうとするもハイステップになると隙間から息子がこんにちはしそうになりなんとも心もとない。仕方なくズボンをはき・・・落ちなきゃいいじゃん!と頭を切り替えアタック!

ポロリを気にしなければ思い切ったムーブも繰り出せたんたんと。

背に水を感じる、絶対に落ちれない、文字通りの背水の陣は意外とあっさり、よいホールドの続くすっきりした気持いいラインだった。

最高グレードを聞かれ、「えーうそー!岩場行ってないだけよー絶対登れるけん」と慰められるやり取りを繰り返すこと4年・・・この課題が初の段。あっさりしすぎで、もっとわくわくした3Qも、もっと苦労した4Qも、まったく登れない5Qもあるのだが・・・これで皆がみている世界が見えるのかはわからないが、今あるのは、何か足かせがとれたような、重しが無くなったような。それでもゲートを開かれた馬ほど速くは走れないが、これからもクライミングからわくわくを感じ続けていきたいと思う。登るときに感じるプレッシャーは重力だけで十分なんだ。




トランクスでチャレンジ!パン一はさすがに憚られた・・・


ズボンをはき下部を確認する、冷たい水に入りスポットをしてくれた2人に感謝


本気トライ、ズボンだと簡単にムーブが決まる




「いざなぎ」初段:ねぼすけ

外岩行きたくて行きたくてたまらんくて、院試がやっと終わり、やっと行けました。スプリンさんに誘っていただいて、日ノ御子行きが決定してから楽しみでシャーなかったっすface10
今回の成果は「いざなぎ」のみ。この課題は前回、ムーブを全部バラして、武蔵は先に登って、自分はヨレ&時間切れして敗退。。という宿題でした。あれは確か…1月の終わり。実に8か月…ずいぶん間の空いたリベンジだったんですicon21
しかし、さっさと終わらしてほかの課題さーわろっと、というつもりでトライしたのですが、ムーブ全然わからず。てかムジィなこいつ。なかなか登らせてくれない気難しいやつでしたicon07しかも僕のなめた心を見透かすが如く、リップまで触っといて落……しかも足首捻挫icon113幸いすぐそばは写真の通り、水がタップンタップンだったので、冷やしーの、アドレナリン放出しーのでなんとか痛みを忘れて完登できましたicon37
その後は「雲」さわりつつ、「福の神」初段に浮気したり、足首ナデナデしたりで、気づいたら一日目、終わってました。

あ、晩飯のゆず庵のかつおたたきパフェ、すごかったです。おすすめicon06











「雲」初段+:武蔵
先日、院試にありしばらくクライミングは自粛していたもので、岩場に来るまで「今回はエンジョイクライミングで良いかぁ」なモチベーション低めな私
石舞台でゆうり君と水遊び、スポットをして岩をペタペタしているとだんだん登りたくなり
お二方の完登を見て岩の上に立ちたくなったので午後からとりあえず「雲」に的を絞り打ち込みました
以前、岩研の所長さんが同じラインの「雫」を登っているのを見てるはずなのに頭の片隅にもそのムーブが残っていなかったので…(笑)
こ~じゅ様のスタートをヒントに岩と対談
コツコツムーブを組み立て、繋がったicon_153
体力的に不安だったので、ヨレてしまう前に突っ込む
パワフルなルーフからフェイスに抜け、もう安心と思いきやホールドがなく焦りながらもネチネチとどうにか完登1BRy4=0F
とてもいろんな要素が必要で見た目も綺麗な良いラインでしたface02
帰って所長さんの動画の見るとムーブが全く違っていました(笑)
こういうのも岩の醍醐味ですねicon_159












温泉で疲れを癒し、キャンプ地に到着すると





なんと・・・


そこにはクライミング雑誌ROCK&SNOWの今季号表紙を飾ったあの人が!!!

つづく。

スポンサーサイト

◎  四国ジュニアカップ 

こんにちは!ねぼすけです。

昨日は四国ジュニアカップがありました。僕、TKMS、武蔵が前日からお手伝いとして参加しました。

今年はとにかく、台風に翻弄されまくりでしたね~icon40特に移動。松山から本山まで、実に6時間icon_176着いた頃には夕方で、すでに15m壁のセット真っ最中でした。

どうやら壁が相当湿っているようで、ドライヤーやガスバーナーで壁を乾かしたり、それでもおっつかない所はホールドにテープを挟んだりと、試行錯誤のセッター陣icon_159お疲れ様ですicon_154

僕らは、中の壁で東さんに作っていただいた12台を登ったり、15m壁にできた課題を試登したりと、いい練習になりましたface02

さて大会当日icon_167台風は過ぎましたが、まだ交通への影響が消えない中、なんとか全員参加できていましたicon85

開会式の様子

試合方式は、トップロープ部門はフラッシング方式で、2本の課題を登るというもの。愛媛のちびっこもたくさん参加していますicon21
僕もビレイとか、色々してました。

みんながんばれー1BRy4=0F

なんと、2本とも完登した子が9人もicon10スーパファイナル入りましたicon_154

スーパーファイナルはオンサイト方式。オブザべするちびっこたちicon68

さらにそれでも完登者が数人face08ちびっこの力、恐るべしicon_158みんなすごすぎ・・・・

最終的にはタイムで順位をつけました!優勝した子、入賞した子たちおめでとう!!予選完登できなかった子たちは、またがんばって練習しましょう!!今大会を受けて、来年はもっとレベルが上がるはずicon14icon14

そしてユース・ジュニアの女子&男子。こちらは予選がフラッシング方式、決勝がオンサイト方式でした。

男子予選はアッセのJ店長のセットした課題。完登二人face08ガイモンすごい!
決勝は東さんのセットこちらも完登二人icon_154最近の高校生の力のつき具合……練習しよう。。。
とゆうことで、こちらもスーパーファイナルへ。ガイモンは惜しくも二位でしたicon36それにしてもみんな強くなってたわ~~負けてられんなicon39
写真は予選、決勝共に終了点タッチのえなりん
惜しかったicon_153icon_153

女子は人数も少なめでしたが、愛媛勢がしっかり上位にicon32良く頑張ってましたicon54みんな、本当にお疲れ様icon16

そんなこんなで帰りは2時間もせずに松山着。高速って、すごいねicon85

今回の大会、やっぱり去年と比べるとしっかり成長してるなぁと感じました。愛大生も、ちびっこやジュニアたちに負けないよう成長して、指導の内容とか目標とかを考えて、ともにレベルアップしていかなきゃいけないなと思いました。

次は、9/5あ、今日か。に部内コンペ、コンパします。そのあとホールド入れ替えもするんで、9/8のちびっこはお休み。また新たな壁で気持ちも入れ替え、がんばっていきたいと思いますicon09





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。