愛媛大学フリークライミング部

◎  本匠・外岩リード① 

こんにちは、二回生のしのです。


GWの5/4~5/6、大分県の本匠へ外岩リードをしに行きました。


メンバーは、チャンコン、チュウゲン、カイト改めうみんちゅ、しの、ちょんのすけ、ワッキーさん、レイチェルさん、ユーリンそしてスプリンさん。


今回の遠征では、ワッキーさんとスプリンさんご一家に車を出していただきました。ありがとうございました!



眠い目を擦りつつ、5/4の午前4時、八幡浜‐臼杵 便のフェリーに乗るため大学を出発。


道中でハプニングもありましたが、何とか乗船^^;


臼杵港から約一時間で、宿泊地である小半森林公園キャンプ場へ到着!



本匠1



そしてすぐ右が次の写真


本匠2



目の前が岩場!


宿泊したバンガローから徒歩2分という素晴らしいロケーション


ちなみに、ここは遊歩道エリアという名前だそうです。


本匠3




二泊したきれいなバンガロー


快適に過ごせました。


GW真っ只中、どこのエリアも沢山のクライマーで賑わっていました。


二回生は全員初めての外岩リードだったため、迫力のある岩壁に若干気圧されていました。


岩質は石灰岩で、程よいフリクション


とりあえず短めの病み上がり10aでも登ろうかー、と、既にヌンチャクがかけられているラインに皆で取りつく。


スプリンさんは、空いている振袖10cでアップ。


10aだからとなめてかかっていましたが、(少なくとも私は)意外と苦戦...


人工壁だと使うホールドは一目瞭然ですが、岩となるとどれが良いホールドなのかわかりにくい!


至極当たり前のことを気づかされました。


スプリンさんは、洛陽13aを今回の遠征の目標としているらしく、ヌンチャクかけた後に本気トライを3本ほど出していました。


初日は残念ながら、洛陽の完登はなりませんでした。


ゴール手前核心、長めの13aは、まだまだへなちょこクライマーである私には異次元の世界のように感じました...




初日、なかなか結果が出せない私たちは、


本匠4



BBQして、


弥生の湯に行き、


死海の湯で「浮いたー!!」なんてはしゃいで、


塩がしみてめちゃくちゃ痛くて、


本匠5




大富豪して就寝。


続く
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://eufc.blog.fc2.com/tb.php/62-cd1885dc