愛媛大学フリークライミング部

◎  瑞牆 1日目 

お久しぶりです。3回生のシノです。

10月10日~12日の3日間、山梨県の瑞牆へボルダリング遠征を行いました。今回はその記事を3つに分けて投稿します。

瑞牆にはまた行きたいので、備忘録と言う意味も込めて丁寧に書いていきます(たぶん)。









なが~い夏休みも終盤の9月後半、マサのテンションが妙に高かった。

日々のクライミングの〆に謎の白い粉を摂取し、ことあるごとに「タイカン」なる言葉を連呼し、後輩を巻き込んではその「タイカン」を鍛えるためにハードなトレーニングを重ねていた。

私と言えば、長すぎる休暇に飽き、茫漠とした日々を送っていた。

そんな折、マサから一本の電話がかかって来た。

「シノ、連休に瑞牆行こうよ!」

瑞牆という岩場について、某シバジュンさんの動画で見た程度の知識しかない私にとっては、いまいちピンとこないお誘いだった。

実際、瑞牆は関西にある岩場だと思っていた程だ。

しかし、3連休に予定が無かったので、そのお誘いをありがたく受けることにした。



私は遠征間近になって、瑞牆は山梨県の岩場であるということを知った。






10月9日

土曜日の朝に出発してたら日が暮れるため、前日の夜に出発した。

OBのお二方のお仕事が終わるのを待って、午後10時に松山発

今回の遠征メンバーは、筆者シノ、3回生の部長マサ、1回生だけど高校の部活で登ってたナベちゃん、愛壁レジェンド武蔵さんねぼすけさんの合計5人。

ゆーりも来る予定だったけど、諸事情でドタキャン

また行こうな。

運転手は、基本的に、シノ、武蔵さん、ねぼすけさん

マサとナベちゃんは応援係 兼 気遣い係

日付が変わる頃には、瀬戸大橋から四国を脱出、心温まる下ネタで車内は盛り上がった。

盛り上がり過ぎて、兵庫あたりで何故か私はアマゾン出身のタイ人ということになっていた。


そして、豊田とかフクベに行くときはいつもお世話になっている、多賀サービスエリアで3時間程度の仮眠。

3連休と言うこともあり、仮眠室が満員になっていることも覚悟したが、3人分の空きスペースならあると言われた。そこで、運転手の3人が仮眠室を利用することになった(中に入ってみると、実際は5人分くらいのスペースがあった...)。

正月に豊田へ行ったときは、男性用の仮眠室が満員で門前払いを食らった。しかし、今回のように、フロントの認識は間違っている可能性もあるということが分かった。次に多賀へ寄ったときは、満員と言われてもとりあえず確認した方がよさそうだ。

そして3時間後に起床


マサが寝ぼけたラインを送って来た。

朝


快適とは言えなくとも寝具の上で仮眠を取れたのは良かった。朝の7時半頃、心身ともにリフレッシュした状態で多賀サービスエリアを後にした。



その後、工事渋滞に巻き込まれつつも、予定していた時間の1時間遅れ程度でエリアに最寄りのインターを降りた。

夜の22時発で、仮眠も挟んで翌日の13時ごろに到着。。。

遠いわっ!



晩飯の鍋の具材をスーパーで買って、温泉旅館(自炊棟)にチェックインして、いざエリアへgo!

道中、道端のちっこいボルダーを見つけては、「あれがミネルヴァ(五段)かぁ~」と連呼していた私。運転に疲れていたとは言え、やはりテンションが上がっていた。

瑞牆は今がシーズン。日本を代表するボルダーエリアに、日本を代表するクライマーが数多くやって来ている(ロッキーの村○くん・竹○さんとか、レジェンド平○さんとかが来てたっぽい)。

そんなエリアに舞い降りた、愛媛を代表するタイ人・シノたちが最初にやったのがこれ。

20151010_9906_201510141823413e2.jpg

指人形、初段

一番大きな駐車場よりも車で2分ほど手前、大きな駐車場へ向かって左側にある4台ほどの駐車スペースに車を停めたら、アプローチ2秒の位置にある。道路よりも低い位置にあるため、道からは見えにくい。

と、ここでまさかの香川クライマーに出くわした。大○さんじゃないですか!

なんでも、連休を利用して香川のクライマー3,4人でこちらへ来ているとのこと。この後、3日間を通して香川の皆さんとちょくちょく顔を合わせた。

しかも、今はパン2で働いているマーシーも瑞牆に来ているとのこと。急にアウェイ感が無くなって来た...



さて。

着いていきなりの有名課題。しかも名前からして指に悪そう。。。

その岩は、指人形とそのエクステンションver.のエンドロール二段をトライする人たちでごった返していた。

その人たちの登りを見てたら、あれ、これバランス系?と気付く。

まず、武蔵さんと

20151010_7147.jpg

ねぼすけさんがサクッと完登

20151010_7204.jpg

お強い!

流石のお二人、初段などもはやアップか。

そして残る3人が頑張る

私は右手サイドカチに拒否反応が出てる。

そんな中、

無題

マサがやってくれた!

安定した登りで完登

キリが良いので、エリアを移動することにした。


次に来たのはここ

20151010_7736.jpg

百鬼夜行三段と、高野聖初段のとこ

写真は百鬼夜行をトライするマーシー

うーん、超カッコイイ...

しかし悪そう

すぐ近くにはスラッシュフェース二段がある。

そちらの方にもトライしている方が居たので、私だけそちらに混ぜてもらう。

が、これも超悪い

直上のストレートフェイス初段も、マントルがキモくて怖い

諦めモードに入っていたら、高野聖と百鬼夜行に敗退したマーシーがやって来て、両方デモってくれた。

スラッシュフェースに関しては、「ありえんやろ!」みたいな感じのキャンパムーブで登ってた。つっよ!

その後武蔵さんも来て、いつの間にか登ってたみたい。。。

20151010_5218.jpg

高野聖はホールド欠けてから悪くなったみたいで、結局誰も行けなかった。



この時点で既に薄暗い。5時ごろだったと思うけど、森の中だし暗くなるのは早かった。

山を下りながら課題を触っていこうか、という感じになって、美しき日2段のある所へ。

もう時間的にナイトクライミング。

まず、マーシーが美しき日をオンサイト。やべー。。。

武蔵さんも美しき日をトライするも、完登ならず

20151010_8036.jpg

武蔵さん以外の4人は、同じ岩にある普通の日初段を

20151010_1802.jpg

トライするも、ねぼすけさん以外完登ならず。流石です!

美しき日を頑張ってた武蔵さんにやってくださいとお願いしたら一撃!



で、出直してきます...

最後に、普通の日1級で〆て初日終了となった。



宿へ戻り、温泉を楽しんで、

20151010_5748.jpg

鍋食っておやすみなさい。
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://eufc.blog.fc2.com/tb.php/89-dcaa78a6